大丈夫❓

大丈夫❓
と旦那が私に言いました。


私は思わず、「大丈夫じゃない」と言いました。

旦那はちょっとムッとしました。ムッとした旦那に私は更にムカっときました。

 

大丈夫という言葉
とらえかたはみんなさまざまだと思います。

大丈夫という言葉自体は相手の思いやりを感じる優しいものなのにどうしてムッとするのか。
 例えば、つまずいてしまったり、怪我をした時に、「大丈夫❓」と言われた時心配してくれてるんだなと思います。
おそらく、旦那が私にかけた時も心配に近かったのではないかと思います。
でも私は家事におわれている時に大丈夫❓という声をかけられても優しさとはとらえず、逆に怒りの方が強くなります。

むしろ大丈夫という言葉が残酷に感じます。

相手は大丈夫と言っておけば、心配してるよとかあなたに協力しているよとか少なからず相手の事を気にかけているんだというように自己満足の世界に浸っているように感じます。

また旦那の大丈夫❓という言葉に余裕すら感じてしまいます。

 

大丈夫❓の言葉より、細かい家事を積極的にしてくれるとか、そういうことを求めているのです。

そして大丈夫じゃないという私の素直な状況の返答に旦那のもとめていた返答が返ってこなくて旦那がムッとする。

それに関して、私は無理矢理、期待に応えないといけないのかと更に更にムッとする。
大丈夫という言葉から、こんなにも発展してしまうのだ。

私は人にお願いをする事があまり得意ではない。
⚫悪いなと遠慮してしまう。
⚫単純に任せられない。
その結果やることが多くなりさっさとこなすと達成感はあるものの、やはり疲労もたまる。
疲労がたまると結果「少しくらい手伝えよ」となる。
旦那は確かにワケわからないだろう。
だから、大丈夫❓と言われたら、大丈夫だよと無理に言う必要はなく、大丈夫❓と言われたら、⭕⭕やってくれるかな❓とお願いする努力が私にも必要なのだと思う。
そして、やってくれたら相手に対して少し優しい気持ちになるのではないだろうか。

 

 

 

ストレス解消パンチバッグ

ストレス解消パンチバッグ