おしり探偵📖

f:id:ichigoichie-taisetuni:20180902112649j:image

 

一番下の小学2年生の子供は、おしり探偵がとても好き。

上に子供がいるが、突如聞く本の名前だったので、とても驚いた❗❗

子供は前から知っていた風な当たり前のように言っていたが、私の中では、何それ…という感じ。

 

おしりたんてい いせきからのSOS (おしりたんていファイル)

おしりたんてい いせきからのSOS (おしりたんていファイル)

 

 

 

図書館に行って、本でもかりようと子供と行ったら例のごとく、「おしり探偵 借りたい」というので、探しても探しても見つからず、聞いてみたら、

「すごく人気で、今予約待ちなので名前を書いてください」と言われました。

すごい人気なんだなぁと実感した🌟

 

おしり探偵の作家、トロルは田中陽子(作担当・1976年生まれ)と深澤将秀(絵担当・1981年)によるコンビの作家。

 

一人は同じ年くらいの作家さんと知り妙に親近感がわきました。絵本や本は私が子供の頃からある馴染みの本ばかりではなく、こうして新しい本が出て歴史をつくっていくんだなとしみじみ思いました。

 

【小学生に大人気】 おしりたんてい BIG ぬいぐるみ ププッ

【小学生に大人気】 おしりたんてい BIG ぬいぐるみ ププッ

 

 

おしり探偵は、外見は呼び名のとおり顔がおしりですが、どんな時も冷静沈着、趣味はティータイムと読書というIQ1104の頭脳の持主。
トラブルに巻き込まれた人たちからの依頼や怪盗からの挑戦状が次々に舞い込む…数々の難事件を「しつれい こかせていただきます」という決めゼリフとともに必殺技を繰り出し、助手のブラウンとともに「ププッ」と解決!

段階的に探偵目線で読者も読みすすめる物語で、迷路があったり、探し出したり、一緒に楽しめます。

初め見たときは、顔がおしりだし強烈だなと思いましたが、慣れたというか中身は、ちゃんとした探偵ものなので受け入れたというか😅

子供と楽しめます📖🌟

 

 

 

 

おしりたんてい (単行本)

おしりたんてい (単行本)